読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなろく

本 音楽 雑記

2017年にやりたいこと

雑記

2017年もどうぞよろしくお願いします。

2016年の振り返りと言い訳からの、2017年にやりたいこと

昨年の振り返りをしようと思ったものの、ぼんやり「とにかく慌ただしかった・・・」という印象。一年間たくさんどたばたがあったのにかかわらず、そのとき気づいたことや改善へのプロセスをまとめられなかったのはもったいないなあと思いました。
そこで2017年は、少しでも記録を数多く残していければと思っています。
文章組み立ての練習としても、ものを書く量を増やすのは無駄ではないはず。

2016年、ライブレポを書けず。

昨年はライブにあまりいけなかった年でありました(自分比)。

まず1月にTuxedo、8月にMayer Hawthorneのライブに行けました。
8月のライブはビルボードでの開催。
ライブはお酒を飲みながらたのしめて、さらに終演後には握手と、LP盤にサインまでしてくださり感激…メイヤーありがとう。また日本に来て!

Man About Town

Man About Town


同じく8月にビルボードで、念願のかなめっちのライブ。
チケットも取れていたのですが、当日まさかまさかで仕事の残業が入ってしまい、終盤少しだけ見ることしかかないませんでした。ついていない!会場着いた時点で23時近かったと思うのですが…チケット代の支払いと入場はさせてもらえたので良かったです。

12月には京都の北野天満宮で「KYOTO NIPPON FESTIVAL」。
12月初旬、夜、底冷えの厳しい京都での野外フェスでしたが、冬の澄んだ空気の中で聴くライブはいつもとちがった趣がありました。
このフェスのトリに出演された大橋トリオさんのステージが大変素晴らしかったです。
f:id:anw:20170103161530j:plain
北野天満宮今出川駅からバスと徒歩でくたくたになりました。

というような一年間でした。2017年はもう少し行けたらいいのですが。(ライブ参戦回数の感覚がここ数年おかしい)
そしてライブレポートを書きたい。

2016年、仕事人としてのブレを感じる

年に2回転職を経験するという予想外の事態になりました。
スキルと体力さえあれば、ひとつの会社に縛られずに経験を積み重ねていくことができるのがデザイナーという職業の良い点だとは思うのですが。それでも数回転職をやっていると面接などで転職理由を伝えることが簡潔にできず、どうしても冗長になりがち。相互理解のために最善は尽くしますけれども、自分でも、このままで大丈夫なのかと不安に思うことも何度かありました。
2017年は環境のよい(自分に合っていると呼んだ方が適切かも)職場で、目の前の仕事に集中することが当面の願いであります。穏やかな気持ちで働きたいと思うのですが、業界柄でしょうか、そういう発言をすると首を傾げられることが多いです。穏やかなことは素晴らしいことなのにな〜。
年齢的にも勝負の時期に差し掛かってきているので、来年、再来年以降につながる仕事の仕方をしていければと思います。


以上、今週のお題「2017年にやりたいこと」でした。