読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つなろく

本 音楽 雑記

4thシングル「かまわない」リリースイベントに行ってきたよ

10月17日(土)、舞浜にあるイクスピアリで行われた、川畑要4thシングル「かまわない」リリースイベントに行ってきました。
朝から雨で、これはカッパ着てライブかな、大丈夫かなーとやや心配していましたが、気付いたら晴れていました。イベントの日にわりとよくあることなので、彼は自他ともに認める晴れ男なのだというのも頷けます。

イクスピアリ ハロウィンライブということで、会場の広場中央のステージ上にはカボチャやなんやらハロウィンが飾り付けられていました。
ディズニーランドそばの商業施設だから周りもディズニーづくしで、とてもファンシーな夢と魔法の王国を感じる場所…でしたが、ここでそんなの「かまわない」雰囲気のライブがはじまるとは思いもしませんでした。

「かまわない」
玉置浩二氏が楽曲提供した表題曲。
この新曲を初めて聴いたのが、例のPVを初めて見たときでした。映像をガン見するあまり、歌が聞こえてこないという事態になったファンも多いかと思いますが。
PVでは、彼が次々と登場する女性とキスをする。本人も先日のUst「川畑要の無一文(仮)」で語っていましたが、普通この手の(なんやかんや絡みのある)PVは俳優さんが演じるものだが、まさかの本人が、俳優としてもときどき活動しているとしても本人が演じるとは・・・ね!?衝撃でした。
コラージュされていくように、めくるめく様々な恋愛模様(と、キス)が映し出される様は、なんだか見ていて楽しいような気もするし、細切れのシーンからは一時を繋いだだけの歪な関係も思い起こさせます。
曲は刹那的な恋愛を描いていて切ないです。

「ワインレッドの心」
彼が小学生の頃に人前で初めて歌った曲だというのは、今まで何度もきいてきたこともあり、ファンとしても思い入れが深いです。
デビュー間もない頃にライブツアーでカバーを披露していましたが、20代のあどけなさのあった頃とは声質も変わっていて、今は大人の余裕を感じました。
ずっと再びカバーされることを願ってきたので大変嬉しいです。
さて、この曲をカバーすることで、彼は自身の原点のなかの原点というかゼロ地点に今一度立ったわけですが、
これからまたどの方向へ向かって歩き出すのか、非常に気になるところではあります。

「Shere My Universe」
それまでのしっとりした雰囲気から一転、陽気なダンスナンバーが3曲目。
ファンの間では通称「シェアマイ」としてライブですっかりお馴染みの曲になっている(らしい)。待望のCD化でした。
なぜかこの曲を聴いていると、学生時代の愉快な友人たちを思い出すので、私にとっては思い入れの深い曲です。

セットリスト
1.かまわない
2.ワインレッドの心
3.Shere My Universe

私が参加したのは第一部で、第二部ではセットリストの内容も変わったようです。

ライブのあとには、会場でのCD購入限定イベントのサイン会。
私はこの日までCDを入手できていなかったので初回限定盤を購入しました。
リリースイベントには何度も行っているが、サイン会にしても握手会にしても、並んで順番を待っている間の楽しみといえば、前のひとたちがにこやかに会話したり、ときにはド緊張しながら対面していたりするところをニヤニヤしながら見られるところではないでしょうか。やはりこの同じひとを好きだというひとがこれだけいるのか!としみじみ実感させてくれます。
で、サイン会ってサインをしてもらっている間に何を話し掛ければいいのかといつも悩むものでして、今回も「今日のライブすごくよかったです」とか月並なことしか言えなかったので、どうしてもっと面白いこと聞けんのだと後悔したりするのですが、かなめっちに「ありがと〜」としっかり目を合わせて声を掛けてもらえるとですね、もうね、ありがとうしか言えなくなりますね。

かまわない

かまわない


ちなみに私の次回のライブ参戦は、12月のJ-WAVE LIVE WINTERになる予感。