つなろく

本 音楽 雑記

2017年2月末、CHEMISTRYが復活する

昨年2016年の一番のビッグニュースといえば、『CHEMISTRY復活』なのですが、
なんか師走のニュースがごたごたしていた時期だったせいなのか、あまり話題に上らなかったような気がします。私の観測範囲では…。
再始動にあたり、今年2月28日、3月1日に東京国際フォーラムでのライブが決定。そう、いよいよ明日、明後日となりました。私はどうしても仕事で行けないので、行ける方は参戦してきてください。そしてレポートをTwitterやBlogなどでつぶやいてもらえると最高です。
ちなみに3月1日のライブはWOWOWで生中継があるらしく、ここ一週間くらいiPhoneでネットサーフィンしていると、WOWOWの広告と二人の写真が常についてくるような状態で、ずっと見つめられてもうちは見られないからね・・・という気持ちでいました。今回のライブの円盤化も、お待ちしております。

先週には、約5年半ぶりにレコーディングされたという新曲「ユメノツヅキ」が発表されました。
復活ライブにあわせて制作されたというこの楽曲、リリックビデオの一部と歌詞すべてがYouTubeで公開。公開数時間前にはプロデューサー松尾潔氏のラジオでもオンエア。
歌詞にはCHEMISTRYの名曲を思い起こさせるキーワードが散りばめられており、ファンを泣かせにかかっていると話題です。

CHEMISTRY 『ユメノツヅキ』Lyric Video

SNSを利用したネットならではの楽しみ

2001年にデビューしたCHEMISTRY。その当時は珍しかったインターネットファンクラブ「chemistry club」(通称ケミクラ)を開設しました。従来ファンクラブというと紙の会報が届いたりするものだったと思うのですが、ケミクラではオンライン上で読める会報だけでなく、新曲やライブの感想を書き込める掲示板があったり、ファン同士がルームを作ってそこでチャットのような個人的なやりとりをできるコミュニティがあったりして盛り上がっていました。
今年再始動にあわせてケミクラも復活することが発表され*1楽しみなのですが、ファンクラブ外も追いかけられるのが現在なのですよ。今年2017年は2012年よりもスマートフォンが普及していますし、インスタやTwitterなどの利用者も増えてきていますので、今後ますますあたらしく楽しい仕掛けや広告が見られるのではないのかと期待しています。
実際に、活動再開発表後から二人のインスタに自撮り画像がアップされたり、Twitterもちょくちょく更新されていたり、なんだか5年前にはなかったものがいろいろ増えていて、ファン活動も楽しいですね…。
最近は一度はまったら最後抜けられなくなってしまう状況を「沼」と呼ぶそうですけれども、CHEMISTRY沼にはまってくれる人が増えていきますように私は祈っています。

CHEMISTRY 2001-2011

CHEMISTRY 2001-2011

デビューから活動休止までの曲が一番まとまっているボリュームたっぷりなアルバムといえばこれ。だけどベストアルバムではなくオリジナルアルバムを1枚1枚聴いていくのが楽しいですよね、あと過去のシングルを少しづつあつめてカップリング曲を味わうことを覚えたらもう最高ですよねって言いたい。

*1:CHEMISTRY CLUB」は2月28日(火)正午オープンです。

今週の雑感

仕事をしているとき、あんまりものを考えていない

仕事のことしか考えていない気がします。それで何が起こるかというと「ブログ(日記)に書ける話題がない」「趣味がとくになくなってしまった(やばい)」という状態に陥るのですよ。
性格から思考から、完全に切り替えないと社会に適応できないので仕方ないんですけれど、ただ毎日働いているという日々です。

1月後半に入って、「おお、冬だな・・・」と思うような厳しい冷え込みを感じるようになりました。雪国ではないし、朝方以外は氷点下になることも少ないのに、寒すぎる。全然元気が出なくて。寒さに慣れていないだけかもしれない。
この冬はわたしのお財布も大変厳しいので、本当に早く春がきてほしいです。つらい。

坂本真綾さん 透明感ある10曲

私が好きな、坂本真綾さんの「透明感」ある10曲を紹介〜!
2013年頃に、曲が気になったので調べてみたらお名前と楽曲が一致して、それからアルバムはほとんど聴きました。アニメはあんまり見ないので真綾さんの声優業の方は追えていないです。すみません。
最初はマクロスFの「トライアングラー」のイメージが強烈にあって、いつもガツンとアニソンを歌う人なのかと思っていましたが、アルバム一枚を通して聴いてみると、いろんなタイプの歌をうたっていらっしゃることに気づきました。楽曲の世界観と歌声の透明感がすばらしいと思います。

続きを読む

癖字がひどいのでペン字を練習して美文字を目指す

現状

f:id:anw:20170109012218j:plain
社会人になってから手書きする機会がめっきり減り、自分の字について意識することがあまりありませんでした。まったく書かないわけじゃないんだけれど、きちんと書いて人に見せる機会がほとんどない。

自覚するときその1 「手書き履歴書」

転職活動ではIllustratorでレイアウトから自作した履歴書で提出している(PDFデータで提出することが多い・業界では普通)ので楽だったのですけど、ごくたまに市販の履歴書に手書き記入したものを提出するようにいわれることがあり苦労しました。鉛筆で下書きしたりガイドを引いても書き損じてしまったり、志望動機など文章で書く箇所がどうしても右肩上がりになったりします。そのときは3枚くらい書き直しました。

自覚するときその2 「筆記試験」

短時間でざざっと自己PRや志望動機を書かされることがあったのですが、考えながら書いているから丁寧にしようという余裕がまるでなし。読み返して自分の字の汚さに「これは恥ずかしい」と心の底から思いました。あと普段パソコンの変換に頼っているから漢字が出てこない。

以上のようなことがあり、きれいな字を書きたいなと思い始めました。で、いつ始めるの、今でしょ。
Amazonで検索してランキング1位だった本を発見。書店で中身を確認してみたところ、コスパが良い、たくさん練習できるというところが購入の決め手になりました。

『30日できれいな字が書けるペン字練習帳』に挑戦

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)

30日できれいな字が書けるペン字練習帳 (TJMOOK)

f:id:anw:20170109012945j:plain
お手本のなぞり書き、ガイドの引いてあるマス目を見ると小学校の漢字ドリルを思い出させますね。
見開きで1日分となっていて、ひらがな→カタカナ→漢字→手紙や履歴書など実践へ発展していく流れになっています。
Amazonのレビューをいくつか読んでみたところ、監修の方の字には癖があるという指摘がありましたが、今回はとにかく現状の癖を直して少しでも見栄えが良くなるようにしたいという目的ですので、一冊終わってからまた考えます。

そもそもペンの持ち方がおかしいので直したい

物心ついたときから変わっていません。直す努力は一応何度かしてきましたがいずれも挫折。私のこれまでの持ち方については下図の通りです。
f:id:anw:20170109021735p:plain

現状の持ち方の問題点

  • 疲れやすいのかもしれません。
  • 大きな字を書くときがしんどい。線がふるえる。
  • 絵を描く場合もまっすぐな線が引けないので苦労しています。(…)

しかし正しい持ち方で書いていると、中指から小指の3本が痛くなるので途中でいやになって諦めるのですが、多分肘から下の使い方がおかしくて余計な負担がかかっているのだろうなと思います。(みんなどうやって正しく持ってそれを維持しているんだろうというのが疑問。)
この機会にまず持ち方を直したいと思います。ちなみにお箸は正しく持てます。

ペン字練習帳を2日やってみて

f:id:anw:20170109012231j:plain
まだ型通りに書くことに必死になっている雰囲気をバリバリ醸し出しているので、いずれ全体のバランスが取れるようになりたいですね。
一冊終わりましたら報告します。

2016年買ってよかったもの5選

mineo

auの2年縛りの更新月が来たのでこの機会に格安SIMに乗り換え。現在使っているiPhone5sau機だったので対応しているmineoにしました(※2016年9月時点)。乗り換えの際には、自分の機種がサービスに対応しているか事前に調べるのが重要ですね。

1年間で約3万円も節約に

月々、au4000円台→mineo1600円前後におさまりました。
auではカケ放題のデータ通信2GBを契約。
mineoではカケ放題ではありませんがデータ通信が3GBで、留守番電話サービスにも加入してこの値段!
最近は通話が月30分程度なのでカケ放題でなくても問題なし。当分はこのままのプランで使いたいです。

格安SIMのデータ通信は遅いのか?

格安SIMのネックとして、混雑する時間帯はデータ通信が遅いなどあるとのことですが、通信の速い遅いは体感的なもので個人差があるように思います。
私の場合、移動中以外はWi-Fiを使っているので気にならず。動画やゲームなど常時通信を必要とするコンテンツはWi-Fi環境以外では見ないようにしています。また、混雑する場所(通勤ラッシュ時間帯の大きな駅など)ではau契約の頃もつながりにくい状況だったので、使用感は以前とあまり変わりませんでした。

湯たんぽ

冬場、とにかく部屋が寒いので購入。就寝中にエアコンをつけっぱなしにしているとのぼせることが多い、しかしエアコンがないと寒い、寝ようにもお布団が冷たい。ということで人生初、湯たんぽを使ってみました。まず知らなかったのが、容器がプラスチック製ながら耐熱温度が120℃だったことです。沸騰させたお湯を入れても問題ありません。これを予め布団に入れておくと朝まで温かいです。朝も布団が温まっているので冷えのつらさがやわらぎ、これまでより起きやすくなったかなと思います。ただし低温やけどには要注意ということで。

呼吸する湯たんぽ 1.8L (袋付き)

呼吸する湯たんぽ 1.8L (袋付き)

呼吸する湯たんぽって何ぞや?って思ったが、蓋の中央に空いてる穴が通気口になっていて、熱湯を入れても容器が変形しませんよ、ということらしい。


ワイヤレスヘッドホンアンプ

ヘッドホンで音楽を楽しむときにiPhoneに直接さすとスマホが使いづらかったので、もしかしてBluetooth飛ばせるアンプなんてあるのかなーと思って何気なく検索したらありました。

再生中ごくたまにノイズが入ったりしますが、iPhoneから直接ヘッドホンをさすよりも力強く音量も大きく、また低音がしっかりと響いてくるので気に入りました。マルチペアリング対応で、8台まで機器登録が可能とのこと。Macの音楽もこれでワイヤレスに。充電はUSBからできます。
ほかにもハンズフリーの機能があったりするのですが、まだまだ使いこなすところまでは至っていないです。


座椅子

ニトリの座椅子。自室で床に座ってだらだら読書をしたいという理由で購入。ほどよいクッション、収納・移動がしやすいこと、安価であることを条件に探していたらこの商品に出会いました。


はじめての人のための3000円投資生活

今年こそ本職以外の収入のための勉強を…と思って結局踏み出せない、そんな人に投資入門。

はじめての人のための3000円投資生活

はじめての人のための3000円投資生活

月3000円の投資を「きっかけ」に、投資について少しずつ勉強していきましょうという本でした。
どこのネット証券で口座を開設するか、どこの商品を買うかということも具体的に書かれていて、もうここまで言われたらとりあえずやってみるしかないなという気持ちにさせてくれました。今年はぼちぼちと勉強していきます。

2017年にやりたいこと

2017年もどうぞよろしくお願いします。

2016年の振り返りと言い訳からの、2017年にやりたいこと

昨年の振り返りをしようと思ったものの、ぼんやり「とにかく慌ただしかった・・・」という印象。一年間たくさんどたばたがあったのにかかわらず、そのとき気づいたことや改善へのプロセスをまとめられなかったのはもったいないなあと思いました。
そこで2017年は、少しでも記録を数多く残していければと思っています。
文章組み立ての練習としても、ものを書く量を増やすのは無駄ではないはず。

2016年、ライブレポを書けず。

昨年はライブにあまりいけなかった年でありました(自分比)。

まず1月にTuxedo、8月にMayer Hawthorneのライブに行けました。
8月のライブはビルボードでの開催。
ライブはお酒を飲みながらたのしめて、さらに終演後には握手と、LP盤にサインまでしてくださり感激…メイヤーありがとう。また日本に来て!

Man About Town

Man About Town


同じく8月にビルボードで、念願のかなめっちのライブ。
チケットも取れていたのですが、当日まさかまさかで仕事の残業が入ってしまい、終盤少しだけ見ることしかかないませんでした。ついていない!会場着いた時点で23時近かったと思うのですが…チケット代の支払いと入場はさせてもらえたので良かったです。

12月には京都の北野天満宮で「KYOTO NIPPON FESTIVAL」。
12月初旬、夜、底冷えの厳しい京都での野外フェスでしたが、冬の澄んだ空気の中で聴くライブはいつもとちがった趣がありました。
このフェスのトリに出演された大橋トリオさんのステージが大変素晴らしかったです。
f:id:anw:20170103161530j:plain
北野天満宮今出川駅からバスと徒歩でくたくたになりました。

というような一年間でした。2017年はもう少し行けたらいいのですが。(ライブ参戦回数の感覚がここ数年おかしい)
そしてライブレポートを書きたい。

2016年、仕事人としてのブレを感じる

年に2回転職を経験するという予想外の事態になりました。
スキルと体力さえあれば、ひとつの会社に縛られずに経験を積み重ねていくことができるのがデザイナーという職業の良い点だとは思うのですが。それでも数回転職をやっていると面接などで転職理由を伝えることが簡潔にできず、どうしても冗長になりがち。相互理解のために最善は尽くしますけれども、自分でも、このままで大丈夫なのかと不安に思うことも何度かありました。
2017年は環境のよい(自分に合っていると呼んだ方が適切かも)職場で、目の前の仕事に集中することが当面の願いであります。穏やかな気持ちで働きたいと思うのですが、業界柄でしょうか、そういう発言をすると首を傾げられることが多いです。穏やかなことは素晴らしいことなのにな〜。
年齢的にも勝負の時期に差し掛かってきているので、来年、再来年以降につながる仕事の仕方をしていければと思います。


以上、今週のお題「2017年にやりたいこと」でした。

長いやすみ

世間はゴールデンウィーク。私はなにをすることも、しなければならないこともなく、ぼんやりと過ごす。
こんなにゆっくり過ごすことはあまりなかったかもしれない。たぶん高校以来だから10年近くなんやかんやとあわただしかった。
冬の終わりに仕事をやめたり、地元に戻ってきたりして、ばたばたと日々は過ぎていったけれど、そのひとつひとつの事案に対して感傷を覚えることもなく。
やる気はあるわけでもないわけでもなく、つらいかと問われれば、とりあえず現状はつらいのかもと返すが、べつにつらいとは感じていない。
新しい仕事が決まったのでもうすぐこの休みは終わってしまう。
考える必要がないことを無理に考える必要はないと思う。
頭からっぽで1日が終わる。
今は考えるのがいやなんだ、ほんとうに。まだなにも新しい行動を起こしてもいない。
なにかを決めるのも、作るのもいやだ、なにもしたくない。

それなら、よくなったことはなんだと考えてみた。
地元に戻ってきてから、再発していた夜中にドキドキして眠れないという症状がなくなった。
これはよいことだ。
原因は不安によるもの。
小学生の頃は、夜ふとんにもぐると明日学校で起こることが勝手に頭の中で再生されて、ドキドキして全然寝付けなかった。
学校にいくと、友人たちに問いただされるのである。なぜ遊べないのか、なぜ言うことをきかないのか、なぜ宿題を手伝わないのかetc…
今でも問いただされるのは苦手だし、子どもの頃から、もう問いただされずに生きていきたいと願ってきた。
自分の一挙一動に他人が納得するような説明が必要なのか?
あのときに似たドキドキが止まらず、この前の冬はひどく憂鬱だった。


先月、モーリス・センダックの生前最後の絵本といわれる『バンブルアーディ』が出版された。
読みたいなあ、稼がなきゃなあと思っている。きっとぼんやりとしたまま休みが終わる。

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

バンブルアーディ

バンブルアーディ